FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 年取ると記憶の更新が難しい

深海生物検定試験の勉強、ちょこちょこ進めてます。

しかし今回の試験の勉強で思わぬ障害が!
試験内容で覚えたことが現在は否定されたり改定されていて記憶を更新しなければならないことがいくつかあるんですがこれがなかなか出来ない。自分でも笑ってしまうぐらい昔の記憶って頭にこびりついてるんですね。

たとえば「ヤバネウナギ亜目」という魚の分類名。以前は「セムシウナギ亜目」と呼ばれていたんですが差別用語が含まれるということで2007年にヤバネウナギ亜目と変更されたんですがなかなか覚えられない。2007年の更新ではそのほかにも「イザリウオ科」を「カエルアンコウ科」に変更していてこれは当時の仕事上すんなり受け入れられたんですがヤバネウナギはなかなか受け入れられないですねぇ。写真見れば「ヤバネウナギ」って名前が合ってるとは思うんですが。

それと海洋の最深部、マリアナ海溝チャレンジャー海淵に魚が生息していたという説、これは1960年にここに潜った有人深海探査船「トリエステ号」の搭乗員ジャック・ピカールが「カレイのような魚を見た」という目撃談から世界最深部にも魚が存在すると学研の「海のひみつ」に書いてあったことが記憶にこびりついているんですが現在ではナマコ類の見間違いではないかと言われているもの。日本の無人深海探査船「かいこう」の調査ではナマコやヨコエビは確認できたものの魚類は見つからずその他の調査でもチャレンジャー海淵に魚の存在を示すものは見つかっていない。これは一応頭の中では更新できているもののなんかの拍子で「海のひみつ」のイラストが出てくるんだよなぁ。三つ子の魂百までとは恐ろしいものですなw
スポンサーサイト

今年の試験初めは1月27日「深海生物検定」

長らく放置しております当ブログですが、明けましておめでとうございます。

辺境(古里)に越して以来なかなか受験も思うに任せないのですが昨年後半より少しずつ受験を再開しております。

しかしながら当方の年齢も既に五十路に手が届かんとしており記憶力と、なにより気力の減退を感じております。

昨年は東京の日帰り受験も試みましたが疲労で数日普段の生活リズムが取り戻せない有様…

あと何年趣味での受験が続けられるか…。

まあ、それもまたチャレンジの一環と前向きに捉えることにいたします。


そんなわけで今年の受験初めですが、1月27日に開催される「深海生物検定 初級・中級」を受験いたします。
いつもお世話になる日販の検定試験なんですが、今回が初開催、一応ダイオウグソクムシやらホウネンエソやらフウセンウナギやらの名前は知ってますが改めて勉強したことはなくまた初開催なのでどんな問題が出るかも分からない。しかも東京日帰りという条件の中どれだけやれるか分かりませんが頑張ってみようかと思います。

でも朝の東北新幹線はトラウマだなぁ…。寝過ごして入社式遅刻の記憶が蘇るw

こっそりと歴史能力検定日本史3級、世界史3級受験

 昨年11月27日に歴史能力検定日本史3級、世界史3級を受験しました。この試験は受験終了まで退出はできないものの、受験終了時に解答が渡されるという親切な試験で、受験した直後に合否がだいたい判別できる試験です。

 今回時間がなくて試験勉強は「全く」せずに受験しました。いちおう過去問はブックオフの中古本を取り寄せてみたものの中身を見ることすらできない状態…。本当は受けずにスルーしようかと思いましたが日本史は何とかなるかもしれないと受験してみました。


 まずは日本史3級の受験。受験者は予想以上に若い人、つうか小学生ぐらいの子の姿が目立つ。以前4級を受験した時よりはさすがに平均年齢は上だがそれでもかなり若い人が多い。こりゃ落ちたらまずいなと思いつつ受験。まあそれなりに解答できたかな?と次の世界史3級へ

 世界史3級はさすがに受験者は年配の方が多い。しかし女性の姿も見受けられて歴女って言葉が実感できる。世界史は自分の好みの幅が狭くて分からん時代は本当に全く分からない。中国史(今回は唐前期と則天武后の時代の問題が出題)とオスマントルコの問題は解けたけど後は苦手な時代ばかり。合格には遠いかなという感じ。

 で年明け後の1月16日に結果通知が届く。まずは日本史3級

IMG_20170117_071015 (452x800)


 とりあえずは合格。採点は

IMG_20170117_07uy.jpg


まあそこそこの点数。ケアレスミスが多かったのと二択から絞れない問題が数問あったためか。



んで、世界史3級

IMG_20170117_071049.jpg


 こちらは予想通りの結果に終わる。



 まあ全く準備していない受験だったけど日本史3級合格は満足すべき結果でしょう。今年秋(11月下旬)は支障がなければ
日本史・世界史各2級を受験してみたいと考えています。

パンシェルジュ検定2級受験とその結果


 えらい前の話になってしまいますが、7月15日に「パンシェルジュ検定2級」受験してきました。

 しかし、事前に色々と事件がありまして、受験自体はなんともしょっぱい受験になりました。

 どんな事が起こったかというと

  ① 受験に身が入らず、勉強不足。試験直前に詰め込むことにする。

  ② 受験数日前に仕事で単純ミス(シフトミス)をしてしまい、自己嫌悪に陥る。
 
  ③ 受験前日、仕事場で勉強の予定が仕事休みになり、自宅で勉強することになるが、自宅は色々と勉強しにくい。
  ④ 試験会場に向かう間に少しでも勉強しようと思ったが、参考書を忘れる。

  ⑤ 以前は2級の試験にも3級の範囲が出題されていたが、出題形式が変わり3級範囲の問題が出なかった。

 ま、ほとんど自己責任ではあるんですが、そんなわけで試験はボロボロでした。問題回収されるので解答もする気ずっと放置していました。

 で、一ヶ月放置していて先日結果が送られてきました。ん?なんか紙以外の立体的なものが封筒内に入っている。これは「まさか」があるか?いや…

 「竜、おめぇに『まさか』は無いと聞いている!」

 馬鹿な独り言を言いつつ、封を切ってみると

imagpan20031.jpg
 「まさか」キター!いやまあ、ボーダーライン上の70点ですがね。合格しました!

 前回69点で落ちているので、ほんと何とも言えない気分になりますよね。1点差がホントに合否を分けるんだなぁ。

 image7150031.jpg
二級の認定書です。

DVC000010031.jpg
立体的なものの正体はこれ、公式ピンバッジでした。付けることは無いとは思いますが、ネタとしては面白い。
でも1級受験者は受験時に着用義務なんてことになったら面白いかも。

さて、2級合格したので1級の受験資格を得ることが出来ました。次回の試験は2014年3月予定だそうですが、1級受験は現在の所未定です。気が向いて時間が出来たら考えてみたいと思います。

科学検定受検

image8140031.jpg


 先月の話になるのですが、科学検定なるものが実施されたので受験しました。
 この検定はいわゆる「ネット検定」というものでインターネット上で設問を答え、正答率が一定水準を超えたら合格する類のものです。

 科学検定となっていますが、実際には生物や天体などの設問もあり「小学生の夏休み用問題」といった趣の検定です。正答率60%以上で6級、80%以上で5級合格となります。

 さて、受験ですが解答できる時間が限られているので、出先で空いた時間でも試験受けられるようNexus7で受験申請をしたのですが、これが大失敗。図面を見て答える設問が図面うまく開けなくて数問図面を見ずに答える羽目に…。それと自分の悪い癖「問題を全部読まずに解答してしまう」ので一問落としてしまいましたが、結果40問中37問正解で「5級認定」だそうです。良かった。

 ちなみにこの科学検定、今回は初回特別ということで受験は無料でした。次回はまだ未定だそうです。
プロフィール

鼈の化石

Author:鼈の化石
ブログ管理者 鼈の化石
こちらは現在鼈の化石がチャレンジしている資格検定取得
に関することを纏めたブログです。日常を綴ったブログは
http://suppon99.exblog.jp/
になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter on FC2
Twitter on FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。